広告

スポンサーリンク


日本酒には四季折々のものが有り、季節に合わせた楽しみ方や、その時期にしか味わうことが出来ない「季節限定のお酒」があります。

今回は、そんな季節のお酒について、ご紹介したいと思います。

 

 

 

■代表的な季節のお酒

代表的な季節の日本酒には、以下の様なものが有ります。

・【しぼりたて(初しぼり)】 11月~翌年4月ごろ
・【夏の生酒】 4月~9月ごろ
・【ひやおろし】 9月~12月ごろ

 

季節によって、様々な日本酒が味わえるのは、四季の有る日本ならではです。

 

 

 

 

■夏にひんやりおいしい本生酒「夏の生酒」

夏の季節酒「夏の生酒」。爽やかな香りと清涼感あふれるみずみずしい味わいで、夏に美味しい日本酒です。
「夏の生酒」は本生酒。冬に搾られたお酒をいっさい「火入れ」をせずに低温熟成させ、3月から8月にかけて出荷されます。
その昔は夏場に生酒は飲めませんでしたが、貯蔵・流通・梱包技術が整備された今だからこそ楽しめる贅沢な味わいです。

 

 

 

・その13:大雪渓酒造 大雪渓 特別純米生酒

「大雪渓 特別純米生酒」は、地元安曇野平産「ひとごこち」を100%使用した、信州・安曇野の銘酒「大雪渓」の人気の特別純米生酒です。

柑橘系の爽やかな香りと優しく広がる旨味と、酸味と渋味でキレるキレイな後味。香味バランスに優れた、飲み飽きせずにもう一杯飲みたくなるお酒です。

夏の味覚とあわせて、お互いを引き立て合います。

 

 

 

如何だったでしょうか?

夏にひんやりおいしい本生酒「夏の生酒」その13:大雪渓酒造 大雪渓 特別純米生酒

これからの季節、夏にひんやりおいしい本生酒を満喫しましょう。

 

 

 

 

広告

スポンサーリンク

 

 

 

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村


グルメ(お取り寄せ)ランキング