広告

スポンサーリンク


日本酒には四季折々のものが有り、季節に合わせた楽しみ方や、その時期にしか味わうことが出来ない「季節限定のお酒」があります。

今回は、そんな季節のお酒について、ご紹介したいと思います。

 

 

 

■代表的な季節のお酒

代表的な季節の日本酒には、以下の様なものが有ります。

・【しぼりたて(初しぼり)】 11月~翌年4月ごろ
・【夏の生酒】 4月~9月ごろ
・【ひやおろし】 9月~12月ごろ

 

季節によって、様々な日本酒が味わえるのは、四季の有る日本ならではです。

 

 

 

 

■初夏の新酒「夏涼酒(なつすずみざけ)」

夏の日本酒と言えば「夏の生酒」がありますが、冷蔵庫に入れなくても開封前なら常温保存できる「夏涼酒(なつすずみざけ)」と言うのも有ります。
保管は常温で、飲む前にキリリと冷やして涼やかさを味わえる、初夏の美味しいお酒です。

 

 

 

・その8:飯沼本家 甲子 夏涼酒 純米大吟醸


「甲子 夏涼酒 純米大吟醸」は、夏に嬉しいアルコール度数13度の軽やかなお酒。ちょっと贅沢な食中酒として楽しめる純米大吟醸です。
千葉の銘醸蔵のリーズナブルな純米大吟醸。兵庫県産「山田錦」を50%まで磨き、きょうかい1801酵母で醸しました。ほのかに甘いフルーティで華やかな吟醸香、口中で余韻を残しながら消えていく優しくクリアな味わいに、純米らしいやわらかな旨味が広がります。

 

 

 

如何だったでしょうか?

初夏の新酒「夏涼酒(なつすずみざけ)」その8:飯沼本家 甲子 夏涼酒 純米大吟醸

これからの季節、初夏の新酒の涼しげな旨味を満喫しましょう。

 

 

 

 

広告

スポンサーリンク

 

 

 

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村


グルメ(お取り寄せ)ランキング