広告

スポンサーリンク


日本酒には四季折々のものが有り、季節に合わせた楽しみ方や、その時期にしか味わうことが出来ない「季節限定のお酒」があります。

今回は、そんな季節のお酒について、ご紹介したいと思います。

 

 

 

■代表的な季節のお酒

代表的な季節の日本酒には、以下の様なものが有ります。

・【しぼりたて(初しぼり)】 11月~翌年4月ごろ
・【夏の生酒】 4月~9月ごろ
・【ひやおろし】 9月~12月ごろ

 

季節によって、様々な日本酒が味わえるのは、四季の有る日本ならではです。

 

 

 

 

■春の新酒「花見酒」

四季の有る日本では折々の花が楽しめますが、やはりなんと言っても春が1番の花見時。梅・桃・桜、菜の花に蓮花、次々に開花していく花々を愛でながら飲むお酒は格別です。

 

 

 

・その8:白瀧酒造 花見酒の上善如水 純米吟醸

「花見酒の上善如水 純米吟醸」は、「12ヵ月の上善如水」シリーズの3月のお酒。ラベルも味わいもお花見にぴったりの純米吟醸酒です。

お花見料理との相性を考え、濃醇旨口タイプに仕上げてあります。穏やかな香りで、純米吟醸らしいキレイな味わいの中にまろやかな旨味がふくらみ、後味はすっきり。

春の陽気に合わせ、寒い日はお燗で、暖かな日は常温や冷酒で、まろやかに広がる美味しさをお楽しみいただけます。

 

 

 

如何だったでしょうか?

春の新酒「花見酒」その8:白瀧酒造 花見酒の上善如水 純米吟醸

これからの季節、春の新酒の初々しい旨味を満喫しましょう。

 

 

 

 

広告

スポンサーリンク

 

 

 

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村


グルメ(お取り寄せ)ランキング