広告

スポンサーリンク


日本酒には四季折々のものが有り、季節に合わせた楽しみ方や、その時期にしか味わうことが出来ない「季節限定のお酒」があります。

今回は、そんな季節のお酒について、ご紹介したいと思います。

 

 

 

■代表的な季節のお酒

代表的な季節の日本酒には、以下の様なものが有ります。

・【しぼりたて(初しぼり)】 11月~翌年4月ごろ
・【夏の生酒】 4月~9月ごろ
・【ひやおろし】 9月~12月ごろ

 

季節によって、様々な日本酒が味わえるのは、四季の有る日本ならではです。

 

 

 

 

■夏にひんやりおいしい本生酒「夏の生酒」

夏の季節酒「夏の生酒」。爽やかな香りと清涼感あふれるみずみずしい味わいで、夏に美味しい日本酒です。
「夏の生酒」は本生酒。冬に搾られたお酒をいっさい「火入れ」をせずに低温熟成させ、3月から8月にかけて出荷されます。
その昔は夏場に生酒は飲めませんでしたが、貯蔵・流通・梱包技術が整備された今だからこそ楽しめる贅沢な味わいです。

 

 

 

・その30:亀泉酒造 亀泉 純米吟醸 生原酒 高育63号

「亀泉 純米吟醸 生原酒 高育63号」は土佐の老舗蔵元の夏の純米吟醸生原酒。

地元高知県の酒造好適米「風鳴子(高育63号)」と高知酵母(AA-1)の地元オンリーで醸されたお酒です。

フルーティな香りと、爽やかな酸味と旨味が調和したスッキリとした辛口の味わいで、夏にピッタリのお酒です。

 

 

 

如何だったでしょうか?

夏にひんやりおいしい本生酒「夏の生酒」その30:亀泉酒造 亀泉 純米吟醸 生原酒 高育63号

これからの季節、夏にひんやりおいしい本生酒を満喫しましょう。

 

 

 

 

広告

スポンサーリンク

 

 

 

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村


グルメ(お取り寄せ)ランキング