広告

スポンサーリンク


日本酒には四季折々のものが有り、季節に合わせた楽しみ方や、その時期にしか味わうことが出来ない「季節限定のお酒」があります。

今回は、そんな季節のお酒について、ご紹介したいと思います。

 

 

 

■代表的な季節のお酒

代表的な季節の日本酒には、以下の様なものが有ります。

・【しぼりたて(初しぼり)】 11月~翌年4月ごろ
・【夏の生酒】 4月~9月ごろ
・【ひやおろし】 9月~12月ごろ

 

季節によって、様々な日本酒が味わえるのは、四季の有る日本ならではです。

 

 

 

 

■初夏の新酒「夏涼酒(なつすずみざけ)」

夏の日本酒と言えば「夏の生酒」がありますが、冷蔵庫に入れなくても開封前なら常温保存できる「夏涼酒(なつすずみざけ)」と言うのも有ります。
保管は常温で、飲む前にキリリと冷やして涼やかさを味わえる、初夏の美味しいお酒です。

 

 

 

・その6:今西清兵衛商店 春鹿 純米吟醸 春鹿の夏しか

「春鹿 純米吟醸 春鹿の夏しか」は、フルーティで華やかな香り、米の旨味やわらかで爽やかな、夏しか飲めない春鹿の純米吟醸酒です。

夏限定の「春鹿の夏しか」。大吟醸仕込みと同様に吟醸用自社酵母を使用し、低温で丁寧に発酵させた純米吟醸です。

アルコール分14度と、やや低めの軽やかな飲み口で、春鹿らしいフルーティで華やかな吟醸香が涼しさを演出、やわらかな米の旨味がありながらもキレのよい爽やかな味わいが魅力です。

 

 

 

如何だったでしょうか?

初夏の新酒「夏涼酒(なつすずみざけ)」その6:今西清兵衛商店 春鹿 純米吟醸 春鹿の夏しか

これからの季節、初夏の新酒の涼しげな旨味を満喫しましょう。

 

 

 

 

広告

スポンサーリンク

 

 

 

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村


グルメ(お取り寄せ)ランキング