広告

スポンサーリンク

■夏にひんやりおいしい「夏酒」

最近、夏になると酒屋や飲食店に並ぶ「夏酒」。
「夏酒」という呼び方が生まれたのは2007年頃からだそうで、割と最近の事です。

日本酒と言うと冬にお燗を付けて飲むイメージが有りますが、夏の暑い時期には日本酒の需要が落ちるという現状があります。

そこで夏酒という呼び方によって「夏でもおいしく飲める日本酒がある」ということを知ってもらう意味が有ります。

 

今回は、そんな「夏酒」をご紹介したいと思います。

 

 

・その1:三芳菊酒造 夏のにごり酒 紫陽花(あじさい)

「三芳菊酒造」の夏酒第二弾は、夏のにごり酒。第一弾のセカンド・サマー・オブ・ラブとは別タンクで醸した、酒造好適米「阿波山田錦」で醸した夏酒です。

飲み口は軽快ながら、甘酸っぱく、果実のような感覚で楽しんでいただけるお酒です。紫陽花のラベルの夏だけのにごり酒をお楽しみください。

 

 

 

如何だったでしょうか?

夏にひんやりおいしい「夏酒」その1:三芳菊酒造 夏のにごり酒 紫陽花(あじさい)

これからの季節、夏にひんやりおいしい夏酒を満喫しましょう。

 

 

 

 

広告

スポンサーリンク

 

 

 

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村


グルメ(お取り寄せ)ランキング