広告

スポンサーリンク

日本全国のご当地グルメを北から順にご紹介していく「日本のおいしいもの巡り」。

日本の各地のご当地自慢の食材や、地元の名店の美味しい料理をご紹介するシリーズの第20弾。

第20弾は愛知のご当地グルメから厳選した8選をご紹介します。

 

 

 

 

 

①あんかけスパ

Wikipediaによれば、”あんかけスパゲッティは、1960年代に愛知県名古屋市で登場したスパゲッティ料理。略称は、「あんかけスパ」。「あんかけパスタ」と呼ばれる事はあまりない。“とあります。

あらかじめゆで置きしておいた太いスパゲッティを、焼きそばのようにラードや植物油で炒め、中華料理の餡のような粘性とコクのある辛味の効いたソースを掛けた料理で、この辛味は胡椒をたっぷりと使うためですが、味のベースはトマト味です。ミートソースを名古屋人好みの味に仕立てようとしてできたと言われています。

具材はウインナー、タマネギ、ピーマンが一般的であり、そのほか、ピカタ(豚肉黄金焼)やエビフライなどの具がトッピングされたメニューも好まれています。

野菜トッピングは「カントリー」、ソーセージ、ベーコン等の肉類トッピングは「ミラネーゼ」または「ミラネーズ」と呼び、肉と野菜の両方盛りについては「ミラネーゼ」と「カントリー」の頭文字を足して「ミラカン」と呼ぶ店が多いです。

その発祥は、後に独立してスパゲッティハウスヨコイを立ち上げる横井博氏が「そ~れ」で働いていた時期の1961年(昭和36年)に生み出しました。 名前の由来は、名古屋名物のあんかけうどんを見た「からめ亭」の店主が、1980年代に「あんかけスパゲッティ」と命名し、テレビで発表したことによるそうです。

 

 

 

 

②みそカツ

Wikipediaによれば、”味噌カツ(みそかつ)は「名古屋めし」と呼ばれるものの一つ。中京圏で供する飲食店が多い。 八丁味噌などの豆味噌のベースに店によって鰹出汁、砂糖など様々なものを加えた独自のタレを豚カツにかけたもの。一つの惣菜として並ぶこともあれば、カツ丼やカツサンドの形で用いられることもある。味噌ダレは東海地方を中心に市販され、味噌カツだけでなくおでんにも用いられる。 味噌カツは名古屋の栄エリア発祥であり、三重のカトレアより先に発祥である。串カツタイプ、どんぶりタイプ、定食タイプ辺りも栄付近で発祥している。 串カツタイプなら伏見の島正、丼タイプなら栄の味処叶、定食なら矢場とんが発祥である。“とあります。

名古屋の味噌カツのルーツは戦後間もない屋台で、お客が串カツを赤味噌で煮込んだどて煮に付けて食べていた事から味噌カツが誕生したと言われています。

また名古屋市中区栄に『元祖味噌カツ丼』を看板に掲げる1949年(昭和24年)創業の店『味処 叶』では、味噌カツ発祥店を名乗っており、東京出身の初代店主が戦後間もない頃に名古屋で割烹料理店『味処 叶』を創業した時、天丼をヒントにお昼限定メニューとして考案されたそうです。

 

 

 

 

③スガキヤラーメン

Wikipediaによれば、”スガキコシステムズ株式会社(英: Sugakico Systems Co., Ltd.)は、日本のファストフードチェーンの一つ。愛知県名古屋市に本社を持つスガキコグループの中核を担う企業であり、ラーメンや甘味などを扱うチェーン店「Sugakiya」を主に展開する(本項では主として、このチェーン店についても扱う)。旧社名:株式会社寿がきや(すがきや)。“とあります。

その発祥は1946年(昭和21年)3月 に、菅木清一氏が弟菅木周一氏と義兄森本弘次氏とともに名古屋市中心部の栄にて「甘党の店」として創業、1948年(昭和23年)にラーメンを出すようになり、店名を「寿がきや」と改めた事から始まります。これは創業者の菅木(すがき)の名に由来し、縁起担ぎに「寿」の文字が入れられました。

1969年(昭和44年)に「寿がきや」(現・スガキヤ)としてチェーン展開を開始して以降、中部地方と近畿地方にある大規模ショッピングセンター内のフードコートを中心として店舗展開をしており、近年はうどん専門店など「スガキヤ」以外の業態での事業も行なっています。

新聞広告の公募で選んだ「スーちゃん」をマスコットにし、ラーメン用の粉末スープを日本で初めて開発、フォークとレンゲが一体となったラーメンフォークはニューヨーク近代美術館でも販売されている事でも有名です。

地元民なら知らない人はいない「スガキヤ」のラーメン。名古屋を代表するソウルフードは、東海エリアを中心にスーパーのフードコートに入っていることも多く、スローフードの定番となっています。

 

 

 

 

④手羽先

Wikipediaによれば、”手羽先唐揚げ(てばさきからあげ)は、鶏の手羽先をから揚げにした料理。日本各地で食べられているが、特に中京圏(愛知県名古屋市およびその周辺地域)で多く食べられる。“とあります。

手羽先唐揚げを最初に出した店は、名古屋の鶏料理店「風来坊」です。当時の店主だった大坪健庫氏が北九州市にいた当時、鶏の半身をまるごと使ったから揚げに秘伝のタレで調味する「ターザン焼き」を開発しました。

その後の1963年、名古屋市熱田区に店を構えた大坪氏は、ある日当時出汁を取るためだけに使われていた手羽先をから揚げにしてターザン焼きのタレを付けることを思い付き、メニューとして客に出してみたところ、その手軽さがターザン焼きには手が出せない客にも受けたので、メニューとして定着したそうです。

 

 

 

 

⑤台湾ラーメン

Wikipediaによれば、”台湾ラーメン(たいわんラーメン)は、主に中京圏で供されるラーメンの一種である。「台湾麺」とも。豚挽き肉・ニラ・長ねぎ・モヤシなどをトウガラシで辛く味付けして炒め、醤油ベースのスープを加えて茹でた麺にかけたもので、大量のニンニクを入れるのも特徴。 「台湾」と名付けられているが発祥は愛知県名古屋市で、名古屋めしの一種とされ、台湾では「名古屋拉麺」と呼ばれている。“とあります。

1970年代に、名古屋市千種区今池にある台湾料理店「味仙」(みせん)の台湾人店主である郭明優氏が、台南名物の担仔麺(担通麺、タンツーメン)を元に賄い料理として作ったのが起源とされています。

従業員のための賄い料理として振る舞っていたものを、常連客から「美味そうだから作ってくれ」と頼まれて作ってあげたところ、美味いからメニューに加えた方が良いと説得され、店に出す事になったそうです。

「台湾ラーメン」の名前の由来は、店に出す際に郭明優氏がネーミングをどうしようかと考えた時、故郷の台湾で担仔麺を食べて、担仔麺を日本で作ろうとした事から、台湾の麺料理の繋がりにより、命名したそうです。

急激に広まったのは激辛ブームに沸いた1980年代中期からで、辛い料理として多くのテレビ番組で取り上げられました。「トウガラシに含まれるカプサイシンには痩せる効果がある」「具材のニラなどでスタミナが付く」などといった触れ込みによって人気に火が点きました。

 

 

 

 

⑥きしめん

Wikipediaによれば、”きしめんとは、幅が広く薄い日本の麺、ならびにその麺を使用した料理を指す。一般的なうどんとは形が異なり、平たい形状のうどんである。愛知県では「きしめん普及委員会」が発足するなど、愛知県の名物となっている。後述の基準を満たすものは、特に「名古屋きしめん」と表示することが許されている。“とあります。

乾麺については、日本農林規格(JAS)の『乾めん類品質表示基準』にて「幅を4.5mm以上とし、かつ、厚さを2.0mm未満の帯状に成形したものにあっては「干しひらめん」、「ひらめん」、「きしめん」又は「ひもかわ」と記載することができる。」と分類されています。

平打ちの麺にたまりベースのつゆをかけたうどんの一種(白醤油のつゆを使う場合もあり)。雉肉を入れる雉麺、紀州藩から伝わった紀州麺、碁石状の棊子麺、愛知県刈谷市のいもかわうどんなど、発祥には諸説があります。愛知県では固い生地から麺を打つ伝統があり、そのため薄くしてもコシがあるきしめんが生まれたともいわれます。

 

 

 

 

⑦みそ煮込みうどん

Wikipediaによれば、”味噌煮込みうどん(みそにこみうどん)は、味噌仕立ての汁でうどんを煮込んだ麵料理。主に土鍋を用いて煮込まれることが多く、鍋焼きうどんとともに煮込みうどんの一種であるとも言える。“とあります。

その起源は、戦国時代に武田信玄の陣中食だったほうとうが、武田家滅亡後、徳川家に召し抱えられた武田家遺臣によって徳川家に伝えられたものであるという説や、明治時代、愛知県一宮市周辺で盛んであった繊維産業に従事していた女性従業員達が、ほうとうを参考にうどんと野菜を豆味噌で煮込み食していたものが名古屋市周辺に伝わったという説など、ほうとうにルーツを求めるものを中心に諸説あります。

豆味噌のつゆが土鍋でぐつぐつ煮立つ様子が食欲をそそるご当地うどん。甘辛さの中にほのかな渋みもある豆味噌の特色を何より実感できる一品です。

塩を使わずに打つ特製麺を使うため、一般的なうどんのもっちり感とは異なる独特の歯ごたえが特徴的。

ダシは主に宗田カツオ、ムロアジを使い、味噌の力強い風味に負けない香りが漂います。他の味噌と違って煮立たせてもえぐみが出ない豆味噌の特性があったからこそ生まれた一品です。

 

 

 

 

⑧ひつまぶし

Wikipediaによれば、”ひつまぶし(櫃まぶし)とは、ウナギの蒲焼を用いた日本の料理である。津市発祥説、名古屋市発祥説等がある。名古屋めしのひとつ。“とあります。

ひつまぶしはうなぎの蒲焼を細かく刻んでおひつに盛ったご飯の上に敷きつめてあります。

基本的なひつまぶしの食べ方は、お茶碗によそい、1杯目はそのまま、2杯目はネギや海苔、わさびの薬味をちらし、3杯目はお茶漬けにしてさらさらと。一品で3つの味を楽しめます。

明治の頃、料亭の〆として大勢でも取り分けやすく、またさっぱりしめくくられるようにとの思いから考案され、出前で運びやすいように木のおひつを使うようになったと伝えられます。

 

 

 

 

いかがだったでしょうか?

愛知グルメの厳選した8選。

愛知を代表するご当地料理や、知る人ぞ知るグルメまで、厳選したグルメをご紹介しました。

美味しい愛知のグルメの数々を、是非ご賞味ください。

 

広告

スポンサーリンク

 

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村


グルメ(お取り寄せ)ランキング