広告

スポンサーリンク

日本全国のご当地グルメを北から順にご紹介していく「日本のおいしいもの巡り」。

日本の各地のご当地自慢の食材や、地元の名店の美味しい料理をご紹介するシリーズの第47弾。

第47弾は沖縄のご当地グルメから厳選した8選をご紹介します。

 

 

 

 

 

①タコライス

Wikipediaによれば、”タコライス(英語:Taco Rice)は、メキシコ風アメリカ料理のタコスの具材を米飯の上に乗せた沖縄県の料理である。トマトベースのサルサ(スペイン語で「ソース」の意)をかけて食べる。1984年に沖縄県金武町で誕生した。“とあります。

「タコライス」は沖縄県金武町、キャンプハンセンのゲート前に広がる飲食店街にあった「パーラー千里」の創業者、儀保松三氏によって1984年(昭和59年)に誕生しました。

もともとはバーを経営していましたが、より安価でボリュームのある食事を提供する事業への鞍替えし、バーで人気のあったタコスをご飯に載せたメニューを提供し始めました。「パーラー千里」で好評を博したタコライスは、後にチェーン展開することになる系列店の「キングタコス」を通して沖縄本島各地に広まっていきました。

一般的なタコスの具材が温かいご飯の上にのっている「タコライス」。家庭でも飲食店でも、給食にも出るほど、沖縄で愛されているご当地B級グルメです。

 

 

 

 

②沖縄もずく

「もずく」は古くから全国各地で食用にされてきた海藻の仲間であり、沖縄地方では昔よりもずくを三杯酢で食されていた為、酢のり=「スヌイ」とも呼ばれております。このモズク類は多くの種類があり、その中で主に食用とされているのは6種類で国内で産業的規模の養殖は沖縄だけが成功しました。

独特のぬめりと柔らかさを持った黒っぽい褐色の海藻で、数ある海藻のなかでもひときわ美味と称されています。沖縄県は「もずく」の生産量日本一となっています。

「もずく」はミネラルや食物繊維が豊富、それなのに低カロリー(100gあたり6kal)という優れた美容と健康を育てる健康食品です。

「沖縄もずく」は南は八重山から北は奄美諸島に分布し、食感が良く、コシがありいろいろな料理の食材に最適です。

 

 

 

 

③島豆腐

Wikipediaによれば、”島豆腐(しまどうふ)は沖縄県の豆腐。沖縄豆腐ともいう。かつては大豆からおからを分離し、豆乳だけを煮て温かい状態で販売されるという特徴があった。 “とあります。

「島豆腐」は大豆を砕いて煮た「生呉」の段階でおからと豆乳を分離する生しぼりと呼ばれる製法が伝統的な特徴で、最初に大豆を破砕する点も含めてベトナムやマレーシアなど東南アジアの国々とも共通する手法です。

加熱後に分離する「煮とり」や「煮しぼり」と比べると、豆乳が分離し難いため、絞るのに労力を必要とする上に歩留まりも良くありませんが、低温で絞ると、不快な味の原因となるイソフラボノイドやサポニンの抽出が抑制されるメリットがあります。

生しぼりによって得られた豆乳は地釜の大鍋に入れ、1時間ほどかけて炊き上げて香気を生成させます。途中、泡が生じるのでこれを取り除き、海水またはにがりなどの凝固剤を加えます。

この状態のふわふわした豆腐は「ゆし豆腐」と呼ばれ、そのまま醤油をかけて食べる事もあります。 「島豆腐」はチャンプルーとして調理するケースが最も多いそうです。水切り前の状態で食べる「ゆし豆腐」と、味噌汁の具として使うケースも多いそうです。

この他、スクガラスを乗せてスクガラス豆腐としたり、煮付け、冷奴なども有り、発酵食品のひとつとして豆腐ようの原料にも用いられます。

 

 

 

 

④島らっきょう

Wikipediaによれば、”島らっきょう(しまらっきょう)は、沖縄県独自のラッキョウの品種。本土で栽培される一般のラッキョウに比べると、小型で香味が強い。天ぷらや甘酢漬け、塩漬けなどにして食べられるほか、チャンプルーの具材にも使われる。“とあります。

「島らっきょう」は沖縄で古くから作られてきたラッキョウの一種で、一般的なラッキョウと同じように強い香りと辛味があります。ただ、一般的なラッキョウが甘酢漬けや醤油漬けになれるのとは違い、生のまま調理したり、塩漬けや浅漬けなどにして食べられてきました。

「島らっきょう」の特徴は、一般的なラッキョウよりスリムで小振りですが、香りはとても強く、ピリッとした辛さも持っています。

本場沖縄での一般的な食べ方は炒め物のチャンプルーや浅漬け、天ぷらなど色々あるようです。でも、最も身近な食べ方は浅漬け(塩漬け)ではないでしょうか。

 

 

 

 

⑤海ぶどう

Wikipediaによれば、”クビレズタ(括れ蔦、学名:Caulerpa lentillifera)とはイワズタ科イワズタ属に属する海藻。沖縄県や鹿児島県では海ぶどうやグリーンキャビアと呼ばれ、食用となる。和名はもと、くびれのあるツタの意味で「クビレヅタ」であったが、2000年に改定された日本産海藻目録より「クビレズタ」に改められた。最新である2005年改訂版でも「クビレズタ」となっている。“とあります。

沖縄県の代表的な食材です。沖縄の海で育った海藻の仲間です。球場になった葉っぱが、果物のブドウに似ているので、「海ぶどう」と名付けられました。別名「グリーンキャビア」と呼ばれ、プチプチした食感が特徴です。

 

 

 

 

⑥ゴーヤチャンプルー

「チャンプルー」とは沖縄の方言で「ごちゃまぜ」という意味で、豆腐(とうふ)といろいろな食材をいためた料理です。ゴーヤー(ニガウリ)を使うときは「ゴーヤーチャンプルー」と呼びます。

「ゴーヤーチャンプルー」は豆腐、豚肉、ゴーヤーなどを炒めた料理で沖縄県の郷土料理です。ゴーヤーの苦味と具材や出汁の甘味のコントラストが食欲を刺激し、夏バテ防止にも一役買う暑い沖縄ならではの料理です。

「ゴーヤーチャンプルー」は「ゴーヤー」が主役となりますが、沖縄県の特産ともなる「島豆腐」の存在も欠かせません。「島豆腐」は沖縄料理には欠かせない島特産の豆腐で、大きくて固いのが特徴で1丁が約1kgにもなります。

固いので炒めても崩れにくく、「チャンプルー」には最適の具材です。また、ゴーヤー以外に何か野菜を入れても良いのですが、「ゴーヤーチャンプルー」の場合はあくまでも「ゴーヤー」が主役なので、何も入れないか入れても少量の場合が多いです。

 

 

 

 

⑦ラフテー

Wikipediaによれば、”ラフテーは、沖縄県の郷土料理の1つで、皮付きの三枚肉またはヒサガー(皮付きのもも肉)を泡盛や醤油で甘辛く味付けした料理。いわゆる豚肉の角煮のことである。“とあります。

「ラフテー」という名前は中国語に由来し、漢字では「羅火腿」と書きます。沖縄語では「ラフテー」という読みになります。

琉球王朝時代からの保存食でもあり、1か月ほど保存が効きます。中国料理の「東坡肉」(トンポーロー)と同じ起源から来ており、「東坡肉」と同様に皮を剥がさずに豚肉を調理して、そのまま食べます。
鹿児島に伝わった、豚肉の皮を剥いで調理する「角煮」とはこの点が異なります。

沖縄そばの具や、正月料理や法事の重箱に用いられる「三枚肉(の煮付け)」と同じような料理ですが、甘辛く濃い味付けで箸で切れるほど柔らかく煮込まれており、薄切りではなくある程度の大きさのある塊のまま、単品の料理として成立している点が特徴です。

 

 

 

 

⑧沖縄そば

Wikipediaによれば、”沖縄そば(おきなわそば)は、中華麺に由来する製法の麺を使用した、沖縄県の郷土料理である。“とあります。

沖縄の絶品グルメといえば、「沖縄そば」です。そばといってもそば粉ではなく小麦粉が使われているのが特徴です。

ダシは豚骨と鰹節を使用し、スープは透き通ってます。具材は三昧肉、カマボコ、ネギを使用した沖縄独特の料理です。

「ソーキそば」も有名です。ただソーキがのってるかどうかで名前が変わります。沖縄のソウルフードです。もともとは宮廷料理でしたが、現在では家庭でも食堂でも食べられている人気ご当地グルメです。

 

 

 

 

いかがだったでしょうか?

沖縄グルメの厳選した8選。

沖縄を代表するご当地料理や、知る人ぞ知るグルメまで、厳選したグルメをご紹介しました。

美味しい沖縄のグルメの数々を、是非ご賞味ください。

 

広告

スポンサーリンク

 

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村


グルメ(お取り寄せ)ランキング