広告

スポンサーリンク

今回は日本のご当地カレーの中から、北陸のカレーを紹介したいと思います。

北陸のカレーと言えば、一番有名なのが「金沢カレー」。
全国展開している「ゴーゴーカレー」や元祖「金沢カレー」の「チャンピオンカレー」は全国区の知名度です。

 

 

 

 

 

 

①福井県:若狭牛カレー

「若狭牛カレー」は福井県のブランド牛「若狭牛」と地元産野菜を使用したカレー。全て国産のものを使用し、独自配合のスパイスでじっくり煮込み、旨みを最大限に引き出した自慢の一品です。若狭牛とスパイシーなルーとの絶妙な味のハーモニーをぜひご堪能ください。

 

 

 

 

 

②福井県:越前甘エビカレー

「越前の国」福井で獲れた甘えびの豊かな香りが食欲をそそる贅沢なカレーです。開けた瞬間、かけた瞬間、口に入れた瞬間、あらゆる瞬間に香ばしいえびの香りに包まれます。

粗めに砕かれたクコの実が食感にアクセントを与えているのもポイント。えびの甘さとカレーのスパイシーさが絶妙にマッチしたこの一品、えび好きの方は是非!

 

 

 

 

 

③富山県:氷見牛カレー

ブリで有名な氷見のブランド牛「氷見牛」。その「氷見牛」を使ってじっくり仕込んだ逸品が「氷見牛カレー」です。
レトルトカレー全国1位になった「氷見牛カレー」。氷見産煮干しを使用して作られたオリジナルカレーです。

 

 

 

 

 

④富山県:しろえびカレー

富山湾の宝石『白えび』をたっぷり使い、じっくり煮込み仕上げました。 「富山県のさかな」として、「ぶり」・「ホタルイカ」と並び称される「白えび」を、じっくりと煮込んだ逸品。

えびのうま味が溶け込んだルーは、サラッとした見た目からは想像できないくらいに濃厚で、後引く味に仕上がっています。ルーにも入っていますが、具材としても「白えび」が3~4尾入っています。富山県でしか獲れない「白えび」を存分に味わえる贅沢なカレーです。

 

 

 

 

 

⑤石川県:能登牛カレー

創業明治37年の老舗肉屋の「てらおか」が厳選する「こだわりの能登牛」。
能登牛は、良質な肉牛が育つ石川県の銘柄牛です。
年間出荷頭数がわずか562頭(H22年度)の希少な牛です。

その「てらおか」が作った、肉屋だからできる牛肉たっぷりのレトルトカレー。自慢の「能登牛」がたっぷり溶け込み、濃厚なコクと旨みが味わえる、一味上のレトルトカレーです。
様々な素材の旨味が複雑に絡み合い、奥の深さを感じるカレールーが絶品です。

 

 

 

 

 

⑥石川県:能登豚カレー

α-リノレン酸を含んだ豚肉「能登豚α(アルファ)のめぐみ」を100%使用。
世界農業遺産・能登の里山で大切に育てられたこだわりのコクと旨み。
柔らかい豚肉とマイルドなカレールーとの相性が絶品です。

 

 

 

 

 

⑦石川県:和風金沢カレー

金沢の人気店「鰯組」監修のもと、従来の金沢カレーに「鰯いしる」を加え、マイルドで風味豊かな味に仕上げました。 昔ながらの金沢の味をお楽しみください。

 

 

 

 

 

⑧石川県:金沢カレー

Wikipediaによれば、”金沢カレー(かなざわカレー)とは、主に金沢市を中心とする石川県のカレーライス店で供される独自の特徴を持ったカレーライスを言う。「カレーのチャンピオン」創業者の田中吉和がそのレシピを考案したと言われており、石川県で古くから営業している老舗店は50年以上の歴史がある。”とあります。

その特徴は、

・ルーは濃厚でドロッとしている。
・付け合わせとしてキャベツの千切りが載っている。
・ステンレスの皿に盛られている。
・フォークまたは先割れスプーンで食べる。 
・ルーの上にカツを載せ、その上にはソースがかかっている。
・ルーを全体にかけて白いライスが見えないように盛り付ける。

とされています。

「チャンピオンカレー」は創業昭和36年金沢カレーの元祖。一度食べたらクセになる味で、地元石川では「チャンカレ」と一番親しまれてるカレーです。

 

 

 

 

 

いかがだったでしょうか?

日本全国美味いカレー巡り:その③.北陸のご当地カレー。

お気に入りのカレーを取り寄せて、北陸のご当地カレーを味わってみては如何でしょうか?

広告

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村


グルメ(お取り寄せ)ランキング