広告

スポンサーリンク

冷酒が美味しい季節になってきました。

今回は「冷やして美味しい日本酒」を紹介して行きたいと思います。

 

 

 

 

 

・冷や酒と冷酒の違い

①冷や酒とは?

「冷や酒」とは、温度でいうと約20度前後のお酒のこと。

「日本酒の風味を楽しむことができる温度」と言われています。

 

 

 

②冷酒とは?

「冷酒」とは、温度が5〜19度程度のお酒のことです。

温度によって様々な呼び名が有り、「雪冷え(約5度)」、「花冷え(約10度)」、「涼冷え(約15度)」などが有ります。

 

 

 

 

③冷酒がオススメのお酒

「新政酒造 No.6 R-type」

No.6は新政の唯一の定番生酒として、6号酵母の魅力をダイレクトに表現することがコンセプト。
そのために蔵内はもちろん、販売店でもしっかりと冷蔵管理をすることで、生もと純米の生酒を通年でリリースする事が可能になりました。

R=regular、「通常」という意味で、新政の一番スタンダードな商品という位置づけになります。 この一番気軽にお楽しみいただけるエントリークラスから生もと造りのお酒が味わえます。

 

 

 

 

いかがだったでしょうか?

冷やして美味しい日本酒:その1.新政酒造 No.6 R-type

これからの季節、冷やした日本酒が美味しい季節です。
美味しい冷酒で、暑い夏を乗り切りましょう!

 

 

 

 

広告

スポンサーリンク

 

 

 

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村


グルメ(お取り寄せ)ランキング