広告

スポンサーリンク

冷酒が美味しい季節。美味しい日本酒が欲しい所。

今回は「冷やして美味しい日本酒」を紹介して行きたいと思います。

 

 

 

 

 

・冷や酒と冷酒の違い

①冷や酒とは?

「冷や酒」とは、温度でいうと約20度前後のお酒のこと。

「日本酒の風味を楽しむことができる温度」と言われています。

 

 

 

②冷酒とは?

「冷酒」とは、温度が5〜19度程度のお酒のことです。

温度によって様々な呼び名が有り、「雪冷え(約5度)」、「花冷え(約10度)」、「涼冷え(約15度)」などが有ります。

 

 

 

 

③冷酒がオススメのお酒

加藤吉平商店 梵 吟撰 特別純米酒

「梵 吟撰 特別純米酒」は、0℃以下で1年迄氷温熟成されたお酒がブレンドされた”芳醇旨口”の純米大吟醸酒です。2010年のIWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)でチャンピオン・サケ(最高賞・世界一位)を受賞した日本酒です。

兵庫産の山田錦を50%精白。0℃以下で1年迄氷温熟成されており、特別純米酒と表記していますが、下手な純米大吟醸など足下にも及ばない超ハイスペックなお酒です。

味わいは誰からも好まれる日本酒として整った味わいのお酒です。 香りは比較的穏やか。グレープフルーツを連想させる少し苦みを伴った爽やかな辛口です。

 

 

 

 

いかがだったでしょうか?

冷やして美味しい日本酒:その6.加藤吉平商店 梵 吟撰 特別純米酒

これからの季節、冷やした日本酒が美味しい季節です。
美味しい冷酒で、暑い夏を乗り切りましょう!

 

 

 

 

広告

スポンサーリンク

 

 

 

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村


グルメ(お取り寄せ)ランキング