広告

スポンサーリンク


日本酒には四季折々のものが有り、季節に合わせた楽しみ方や、その時期にしか味わうことが出来ない「季節限定のお酒」があります。

今回は、そんな季節のお酒について、ご紹介したいと思います。

 

 

 

■代表的な季節のお酒

代表的な季節の日本酒には、以下の様なものが有ります。

・【しぼりたて(初しぼり)】 11月~翌年4月ごろ
・【夏の生酒】 4月~9月ごろ
・【ひやおろし】 9月~12月ごろ

 

季節によって、様々な日本酒が味わえるのは、四季の有る日本ならではです。

 

 

 

 

■春の新酒「しぼりたて」

「しぼりたて」はその名の通り、新米を使って仕込んだ造り立てのお酒をしぼったもの。

造り立ての新酒ならではのフレッシュで軽やかな味わいが楽しめます。

 

 

・その④:千代寿虎屋 千代寿 特別純米 生原酒 しぼりたて 虎ラベル

「千代寿虎屋」は、創業元禄9年(1696年)。山形県寒河江市にある酒蔵です。寒河江に蔵を構えたのは、創業当時の寒河江には東北の宮水といわれた硬水が、随所にこんこんと湧き出ていたこと、また、冷たい寒河江川の灌水地域は丸くて大粒の地方好適米『豊国』の産地であったことによります。

「千代寿 特別純米 生原酒 しぼりたて 虎ラベル」は、白虎ラベルのしぼりたて特別純米生原酒。山形杜氏が山形の米・水・酵母を用い、低温にてゆっくり発酵させて丁寧に仕込みました。透明感のある香り、新酒生酒らしいフレッシュ感の中に優しいお米の旨味広がるふくらみのある味わいが魅力です。冬の味覚と合わせてお楽しみください。

 

 

 

如何だったでしょうか?

春の新酒「しぼりたて」その④:千代寿虎屋 千代寿 特別純米 生原酒 しぼりたて 虎ラベル

これからの季節、しぼりたて新酒の初々しい旨味を満喫しましょう。

 

 

 

 

広告

スポンサーリンク

 

 

 

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村


グルメ(お取り寄せ)ランキング