広告

スポンサーリンク


日本酒には四季折々のものが有り、季節に合わせた楽しみ方や、その時期にしか味わうことが出来ない「季節限定のお酒」があります。

今回は、そんな季節のお酒について、ご紹介したいと思います。

 

 

 

■代表的な季節のお酒

代表的な季節の日本酒には、以下の様なものが有ります。

・【しぼりたて(初しぼり)】 11月~翌年4月ごろ
・【夏の生酒】 4月~9月ごろ
・【ひやおろし】 9月~12月ごろ

 

季節によって、様々な日本酒が味わえるのは、四季の有る日本ならではです。

 

 

 

 

■春の新酒「しぼりたて」

「しぼりたて」はその名の通り、新米を使って仕込んだ造り立てのお酒をしぼったもの。

造り立ての新酒ならではのフレッシュで軽やかな味わいが楽しめます。

 

 

・その11:亀泉酒造 亀泉 純米吟醸 生原酒 CEL-24

亀泉酒造」は明治30年(1897年)創業。高知県土佐市出間にある酒蔵です。酒銘の「亀泉」は江戸時代の参勤交代の頃から、どんな干ばつがあっても涸れることのない「万年の泉」と呼ばれる街道一美味しい水が湧き出る泉があり、その水から造られた酒の名を「亀泉」と名付けたのが始まりだそうです。

「亀泉 純米吟醸 生原酒 CEL-24」は、しぼりたての純米吟醸生原酒。広島県産「八反錦」を原料米に、高知県工業技術センターで開発された香り高い酒を造る高知酵母(CEL-24)を使い、原酒でアルコール分14度と贅沢に醸した爽やかな甘口酒です。リンゴやパイナップルを思わせる香り、酸味と甘味のバランスが絶妙で、まるで白ワインのように爽やかでフルーティな味わいが魅力です。

 

 

 

如何だったでしょうか?

春の新酒「しぼりたて」その11:亀泉酒造 亀泉 純米吟醸 生原酒 CEL-24

これからの季節、しぼりたて新酒の初々しい旨味を満喫しましょう。

 

 

 

 

広告

スポンサーリンク

 

 

 

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村


グルメ(お取り寄せ)ランキング