広告

スポンサーリンク


日本酒には様々な種類が有ります。

 

今回は純米吟醸酒をご紹介したいと思います。

 

 

 

 

1.純米吟醸酒とは?

 

 

1−1.清酒の分類

国税庁の「清酒の製法品質表示基準」によれば、清酒には大きく分けて「特定名称の清酒」8種と、それ以外の「普通酒」、「増醸酒」などが有ります。

(国税庁「清酒の製法品質表示基準」の概要より)

 

 

 

 

イラストで表すと、以下の様になっています。 SAKETIMESの「イラストで解説!ひと目で分かる日本酒【無料ダウンロード】」より引用)

 

 

 

 

1−2.純米吟醸酒とは?

純米吟醸酒の定義は以下の様になっています。

・原料:米・米こうじ・水 ・特徴:精米歩合が60%以下(40%以上のお米を削り、精米歩合60%以下にしたもの)の吟醸酒。 ・吟醸造り。特別純米酒と同じ精米歩合が義務付けられており、酒質に差が無いものもある。 ・固有の香味と色沢が特に良好なものです。

 

 

 

 

 

2.様々な純米吟醸酒。

 

①ヌーベル月桂冠 純米吟醸

「ヌーベル月桂冠」は「古いものを基にした新しさ」という意味のフランス語「Nouvelle」から名付けたものです。現代の食卓、洋風のテーブルセッティングにも合うレトロ調のボトルに詰めました。

びんの背面に刻印した月桂樹をかたどったマークと「GEKKEIKAN」の文字が、酒を通して正面から読める、こだわりのあるデザインです。テーブルでより映えるよう、びんの形をスリムにし、日本酒では珍しいライトスモーク色のびんで高級感を演出しています。

華やかでフルーティな香りと、米の旨みを感じながらもすっきりした味わい、キレのある後味が特徴の純米吟醸酒です。冷やしてまたは常温でお飲みいただくのがおすすめです。

 

 

 

 

 

②純米吟醸 八海山

「八海山」の定番の中では唯一の純米系。しかしながら、純米吟醸特有のほのかな旨味は充分楽しめるお酒です。

 華やかすぎない穏やかな吟醸香。独特の優しいリンゴ様の香りが心地よく漂います。しかし、あくまでも食中酒として、香りをわざと抑えて、料理の邪魔をしない事がコンセプトです。

よく晴れた冬の日、澄みわたる空気の中で日差しに解けはじめる雪。そんなときに感じる、なんともいえない静けさとおだやかさとを持ったお酒です。

米の旨みとまろやかな喉ごしをお楽しみください。

 

 

 

 

 

③紀土 純米吟醸

和歌山県平和酒造代表の山本典正氏がわが子のように育んでいるブランド「紀土」。若手酒造業界にて注目を浴びる酒蔵として、各種雑誌等でも掲載が頻繁になってきました。コストパフォーマンス&ハイクオリティーの安定した酒質を誇る酒蔵として、若手のリーダー的存在の蔵元です。

「紀土 純米吟醸」は、味わいとしては紀州の風土という名前からも、紀州の良質な水を表現しています。
和歌山県は全国的に見ても降水量が多く、また山も深いため良質な水がたくさんとれます。その優しさ柔らかさ、キレの良さを、お酒で表現したいと言う思いで作られています。

 

 

 

 

 

④而今 千本錦 無濾過生 純米吟醸

三重県名張の銘酒「而今」
個性派な果実の甘味が広がり柔らかな酸味とほのかなガス感が心地良く染み込んできます。
濃くて個性的なのに荒さがなく、バランスの取れた日本酒です。

「而今」らしい重厚かつ芳醇な質感。 高貴な雰囲気が広がり、それでいてキレ抜群な逸品。ベリー系を連想させるフルーティーな「香り」。 そしてしっかり膨らんだボディの「旨味」。全体に効果的に「酸」の存在があり、滑らかに切れる。 全てが完璧なバランス。而今らしく「飲み頃」の味わいです。 

 

 

 

 

 

⑤花陽浴 純米吟醸 八反錦 瓶囲無濾過生

「花陽浴 純米吟醸 八反錦 瓶囲無濾過生」は、醪(もろみ)を機械でしぼらず、袋に入れて吊るし、滴り落ちた雫だけを集めた袋吊斗瓶囲のお酒です。手間を惜しまず造っています。

熟れたマスカットを思わせる香り、ややコクのある旨、柔らかいタッチ、綺麗な酒質でキレもある人気の純米吟醸です。

 

 

 

 

 

⑥ふわふわ 純米吟醸

小豆島で唯一の酒造会社「森国酒造」。純米吟醸酒「ふわふわ。」は蔵で一番人気のお酒です。ラベルは、雲がゆったりと動く島時間を表しています。

果実の香りと帯びたなめらかな味が広がり純米ならではの米の旨みを感じられるおだやかでやさしいお酒です。

常温、又は冷やしてお召し上がり下さい。

 

 

 

 

 

⑦azure 純米吟醸

「土佐鶴 azure 純米吟醸」は、熟した白桃や洋梨、白い花、ミルキーな白玉のような香りがあり、リッチで気品に溢れています。

口に含むと、豊かでふくよかな口あたりの後、深海に通じるような芯のある華やかな酸味が広がるのが特徴的。

後味には、コクのある旨味が心地よく残り、余韻も長いお酒です。

 

 

 

 

 

⑧南部美人 純米吟醸 酒未来

「南部美人」の「ビューティーシリーズ」(純米大吟醸の米違いシリーズ)の新商品「酒未来」。

日本酒好きの間で話題になっている酒米「酒未来」をつかった純米大吟醸で、きれいな吟醸香と、すっきりとした酸味が特徴です。

ラベルの青は神秘的なイメージを。 天の恵み、天から舞い降りる粉雪の結晶をイメージしています。

 

 

 

 

 

いかがだったでしょうか?

様々な清酒とオススメのお酒その⑧:オススメの純米吟醸酒。

お気に入りのお酒を取り寄せて、美味しい純米吟醸酒を味わってみては如何でしょうか?

 

 

広告

スポンサーリンク

 

 

 

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村


グルメ(お取り寄せ)ランキング