広告

スポンサーリンク


夏の暑さも一段落して、秋へと移りつつありますが、秋と言えば日本酒の「ひやおろし」の季節です。

そんな、日本酒の秋の味覚「ひやおろし」のご紹介です。

 

 

 

 

 

 

 

・「ひやおろし」とは?

・四季の日本酒

SAKETIMESより引用)

 

「ひやおろし」とは、江戸の昔、冬にしぼられた新酒が劣化しないよう春先に火入れ(加熱殺菌)した上で大桶に貯蔵し、ひと夏を超して外気と貯蔵庫の中の温度が同じくらいになった頃、2度目の加熱殺菌をしない「冷や」のまま、大桶から樽に「卸(おろ)して」出荷したことからこう呼ばれ、秋の酒として珍重されてきました。

 

 

 

 

現在の「ひやおろし」も、春先に一度だけ加熱殺菌し、秋まで熟成させて、出荷前の2度目の火入れをせずに出荷されます。

SAKETIMESより引用)

 

暑い夏の間をひんやりとした蔵で眠ってすごして熟成を深め、秋の到来とともに目覚める「ひやおろし」。豊穣の秋にふさわしい、穏やかで落ち着いた香り、なめらかな口あたり、まろやかな適熟の味わいが魅力のお酒です。

 

 

 

 

・全国の「ひやおろし」

北は北海道、南は九州まで、様々な「ひやおろし」が有ります。
その土地ならではの味を持つ日本酒の「ひやおろし」をご紹介します。

 

 

 

 

・兵庫の「ひやおろし」

・富久錦 純米吟醸 錦秋の播磨路

「富久錦株式会社」は創業天保10年(1839年)。肥沃な播州平野の加西市に有る酒蔵です。 肥沃な播州平野の風土に育まれた良質な酒米と、善防川の伏流水を蔵の井戸から汲み上げた軟水の自然水を原料に、受け継がれてきた伝統的な手法と摂理にかなった現代的な手法を融合し、米本来のありのままの旨みを感じられる純米酒を醸しています。

「富久錦 純米吟醸 錦秋の播磨路」は原料米に加西市産山田錦と加西市産兵庫夢錦を使用しています。 奥深く広がるお米の旨み、それでいてきれいに漂う余韻、落ち着いた播州平野のような純米吟醸酒です。

 

 

 

 

いかがだったでしょうか?

秋の日本酒「ひやおろし」:その20.富久錦 純米吟醸 錦秋の播磨路

これからの季節、「ひやおろし」が美味しい季節です。
「ひやおろし」で、秋の味覚を存分に楽しみましょう!

 

 

 

 

広告

スポンサーリンク

 

 

 

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村


グルメ(お取り寄せ)ランキング