広告

スポンサーリンク


「おせち料理」と言えば、新年を迎えるに当たって、1年の始まりをお祝いする特別な料理です。
その「おせち料理」には日本各地で独自のご当地メニューが存在します。


そんな日本全国のご当地おせち料理を紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

①北海道:氷頭なます

Wikipediaによれば、”氷頭とは鮭の鼻先の軟骨部分を指す。氷のように透きとおっているためこのように呼ばれる。 おせち料理の一つとして、正月の祝い膳によく用いられる。元来は鮭の穫れる地方の料理であるが、新巻鮭を利用して古くから全国的に作られている。“とあります。

紅白なますはかつて、生魚、大根、にんじん、酢を材料として作られていました。このことから「なます」と名付けられるようになり、その色合いがお祝いの水引のように紅白であることからお祝いの席に並べられる料理のひとつとなりました。

北海道では鮭が良く獲れる事から、鮭の氷頭を使った「氷頭なます」がおせち料理に出て来る事が多いのだそうです。

 

 

 

 

②青森:いちご煮

Wikipediaによれば、”いちご煮(いちごに)とは青森県八戸市とその周辺の三陸海岸の伝統的な料理で、ウニ(キタムラサキウニ、エゾバフンウニなど)とアワビ(ツブ貝等で代用されることもある)の吸物である。古くから上客への出し物として使われてきた。赤みが強いウニの卵巣の塊が、野イチゴの果実のように見えることからこの名が付いた。“とあります。

「いちご煮」は、お湯または出汁でウニとアワビの薄切りを煮立てて、塩と僅かな醤油だけで味付けをするシンプルな料理です。 しかし、そのシンプルさ故に、素材の味がその味を左右します。良質のウニやアワビの獲れる地域ならではの料理と言えます。

青森県では、おせち料理と一緒に「いちご煮」を食べる習慣があるのだそうです。

 

 

 

 

③岩手:紅葉漬

「紅葉漬」鮭の身といくら(はらこ)が入っているため、見た目が鮮やかな紅色であることから、「紅葉漬」と呼ばれています。

「紅葉漬」は昔から豊富にとれる鮭を活用して、秋から冬にかけて作られてきた郷土料理です。主に、正月料理として振る舞われていました。

 

 

 

 

④秋田:ハタハタ寿司

Wikipediaによれば、”ハタハタ寿司(ハタハタずし)とは、秋田県の郷土料理で、「ハタハタ(鰰)」を用いた飯寿司(イズシ)の一種、発酵ずしである。ハタハタ漬けとも。“とあります。

「ハタハタ(鰰)」という魚を野菜などと一緒に酢や塩に漬け込み、発酵させて作るお寿司です。 正月魚とした欠かせない魚が「ハタハタ(鰰)」。年々自家製のものを仕込む家庭が少なくなってきたものの、佐竹藩時代から続く、伝統ある郷土のハレの食です

 

 

 

 

⑤山形:「鯉(こい)のうま煮」

山形米沢の鯉料理は、9代藩主上杉鷹山公の教えにより、山国の貴重なたんぱく源として200年にわたり受け継がれてきました。

名物となった米沢の鯉、宮坂の鯉は水揚げする3週間ほど前から清冽な地下水を流した池で飼育するので、泥臭さが有りません。

山形ではハレの日に「鯉(こい)のうま煮」を食べる風習が有り、お正月の料理として親しまれています。

 

 

 

 

⑥宮城:ナメタガレイの煮つけ

宮城では御歳取りにナメタガレイの煮つけを食べるのが習わしです。 実は江戸時代から戦前にかけて、仙台の正月の魚(年取り魚)はタラだったのだそうです。

明治三陸地震(1896年-明治29年)の影響で、ナメタガレイが大量に取れるようになり、庶民が食べる年取り魚として定着しました。

商家では大みそかは忙しくて魚を焼いている余裕はないので、冷めてもおいしいナメタの煮魚が重宝されるようになったのだそうです。

 

 

 

 

⑦福島:いかにんじん

Wikipediaによれば、”いかにんじんとは、福島県中通り北部の郷土料理である。 スルメとニンジンを細切りにし、醤油、日本酒、みりんなどで味付けする。各家庭で主に晩秋から冬にかけて作られ、おつまみ、おかずとして親しまれている。“とあります。

今では、年間を通じて食べられるようになりましたが、冷蔵庫が普及していなかった頃は、「いかにんじん」は、冬の寒い時期の料理でした。福島県では正月には欠かせない料理で北海道の松前漬けのルーツとも言われています。

 

 

 

 

いかがだったでしょうか?

2020年のお正月に食べたいご当地おせち。

来年のお正月は、ご当地おせちにしてみては如何でしょうか?

 

広告

スポンサーリンク

 

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村


グルメ(お取り寄せ)ランキング