広告

スポンサーリンク


日本酒の特徴の一つとして、幅広い温度で楽しめると言うものが有ります。


一般的な洋酒などの場合、通常冷やして飲むか常温で飲むものが殆どで、温めて飲むものは数える程しか有りません。

紹興酒などは温めて飲むお酒の代表選手ですが、日本酒の場合は冷酒から熱燗まで、幅広い温度に対応しています。

これからの季節、お燗して飲む日本酒は格別です。
今回は、「燗して旨い日本酒」をご紹介して行きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

・温度毎の日本酒の呼び名

 

 幅広い温度で楽しめる日本酒は、温度毎に呼び名が有ります。

SAKETIMESより引用)

一口に「お燗」と言っても、「日向燗」・「人肌燗」・「ぬる燗」・「上燗」・「熱燗」・「飛び切り燗」と6種類もの温度と呼び名があるのです。

 

それぞれの温度で特徴が有り、

 

・日向燗(ひなたかん):飲み口が優しくなり、ほんのり香る温度。

 

・人肌燗(ひとはだかん):米ならではの香りが立ち、味に膨らみが出る。

 

・ぬる燗(ぬるかん):旨み成分であるアミノ酸がもっともよく引き出される温度。

・上燗(じょうかん):酒器に日本酒を注ぐと湯気が立ち、ハッキリと温かさを感じられ、香りが引き締まり味にふくらみが出る。

 

・熱燗(あつかん):シャープな味わいになり、キレのある後味が楽しめる。

・飛び切り燗(とびきりかん):香りがシャープになり、辛みを感じやすくなる。飲んだ瞬間から体が温まる。

 

の様な特徴があります。

 

 

 

 

・燗して旨い日本酒

 

・燗して旨い日本酒その1:  

 油長酒造 風の森 純米吟醸 無濾過生原酒 しぼり華 秋津穂 657

油長(ゆうちょう)酒造は、享保四年(1719年)創業。大阪府と奈良県との県境に聳える金剛葛城山系の麓の奈良県御所市(ごせし)に有る老舗の酒蔵です。

葛城山麓一帯の地下の岩盤をくぐり抜けた清冽な水を仕込水として使用しています。

「風の森 純米 無濾過生原酒 しぼり華 秋津穂 657」は、地元奈良県で古くから親しまれてきた「秋津穂」米を使用した風の森の”顔”とも言えるお酒。この「秋津穂657」を基準に風の森シリーズの味わいが表現されています。

65は65%精米、7は7号酵母を表現しています。風の森にとって醸造適性に優れた秋津穂は全量が地元の契約栽培米です。秋津穂純米は風の森のスタンダード。しぼってそのままのボリューム感ある味わいをお楽しみいただけます。

 

 

 

 

如何だったでしょうか?

燗して旨い日本酒その1:「油長酒造 風の森 純米 無濾過生原酒 しぼり華 秋津穂 657」。

これからの季節、お燗した日本酒で温まりながら旨味を満喫しましょう。

 

 

 

 

広告

スポンサーリンク

 

 

 

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村


グルメ(お取り寄せ)ランキング