広告

スポンサーリンク


日本酒の特徴の一つとして、幅広い温度で楽しめると言うものが有ります。


一般的な洋酒などの場合、通常冷やして飲むか常温で飲むものが殆どで、温めて飲むものは数える程しか有りません。

紹興酒などは温めて飲むお酒の代表選手ですが、日本酒の場合は冷酒から熱燗まで、幅広い温度に対応しています。

これからの季節、お燗して飲む日本酒は格別です。
今回は、「燗して旨い日本酒」をご紹介して行きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

・温度毎の日本酒の呼び名

 

 幅広い温度で楽しめる日本酒は、温度毎に呼び名が有ります。

SAKETIMESより引用)

一口に「お燗」と言っても、「日向燗」・「人肌燗」・「ぬる燗」・「上燗」・「熱燗」・「飛び切り燗」と6種類もの温度と呼び名があるのです。

 

それぞれの温度で特徴が有り、

 

・日向燗(ひなたかん):飲み口が優しくなり、ほんのり香る温度。

 

・人肌燗(ひとはだかん):米ならではの香りが立ち、味に膨らみが出る。

 

・ぬる燗(ぬるかん):旨み成分であるアミノ酸がもっともよく引き出される温度。

・上燗(じょうかん):酒器に日本酒を注ぐと湯気が立ち、ハッキリと温かさを感じられ、香りが引き締まり味にふくらみが出る。

 

・熱燗(あつかん):シャープな味わいになり、キレのある後味が楽しめる。

・飛び切り燗(とびきりかん):香りがシャープになり、辛みを感じやすくなる。飲んだ瞬間から体が温まる。

 

の様な特徴があります。

 

 

 

 

・燗して旨い日本酒

 

・燗して旨い日本酒その15:

齋彌酒造店 雪の茅舎 山廃純米

「齋彌酒造店」は創業明治35年(1902年)。秋田県南部、鳥海山を望む地に蔵はあります。 由利本荘市の豊かな自然に育まれた名水が蔵内に湧きでる恵まれた環境の下、蔵人が自らが栽培する酒米を主原料に酒造りを営んでいます。 酒銘の「茅舎」とは、萱葺き屋根の農家の並ぶ冬景色を詠ったことを、因んで名付けられたものです。

「雪の茅舎 山廃純米」はインターナショナル・サケ・チャレンジ純米部門最高賞トロフィー賞受賞酒。 山内杜氏に伝承される山廃仕込みの技術と現在の吟醸仕込みの技術を調和させた、杜氏入魂の自信作。山廃仕込みならではの決め細やかな酸味と純米酒ならではの落ち着きのある風味をお楽しみ下さい。

齋彌酒造 雪の茅舎 山廃純米 1.8L

 

 

 

 

如何だったでしょうか?

燗して旨い日本酒その15:齋彌酒造店 雪の茅舎 山廃純米。

これからの季節、お燗した日本酒で温まりながら旨味を満喫しましょう。

 

 

 

 

広告

スポンサーリンク

 

 

 

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村


グルメ(お取り寄せ)ランキング