広告

スポンサーリンク


日本酒の特徴の一つとして、幅広い温度で楽しめると言うものが有ります。


一般的な洋酒などの場合、通常冷やして飲むか常温で飲むものが殆どで、温めて飲むものは数える程しか有りません。

紹興酒などは温めて飲むお酒の代表選手ですが、日本酒の場合は冷酒から熱燗まで、幅広い温度に対応しています。

これからの季節、お燗して飲む日本酒は格別です。
今回は、「燗して旨い日本酒」をご紹介して行きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

・温度毎の日本酒の呼び名

 

 幅広い温度で楽しめる日本酒は、温度毎に呼び名が有ります。

SAKETIMESより引用)

一口に「お燗」と言っても、「日向燗」・「人肌燗」・「ぬる燗」・「上燗」・「熱燗」・「飛び切り燗」と6種類もの温度と呼び名があるのです。

 

それぞれの温度で特徴が有り、

 

・日向燗(ひなたかん):飲み口が優しくなり、ほんのり香る温度。

 

・人肌燗(ひとはだかん):米ならではの香りが立ち、味に膨らみが出る。

 

・ぬる燗(ぬるかん):旨み成分であるアミノ酸がもっともよく引き出される温度。

・上燗(じょうかん):酒器に日本酒を注ぐと湯気が立ち、ハッキリと温かさを感じられ、香りが引き締まり味にふくらみが出る。

 

・熱燗(あつかん):シャープな味わいになり、キレのある後味が楽しめる。

・飛び切り燗(とびきりかん):香りがシャープになり、辛みを感じやすくなる。飲んだ瞬間から体が温まる。

 

の様な特徴があります。

 

 

 

 

・燗して旨い日本酒

 

・燗して旨い日本酒その51:金鵄盃酒造 越後杜氏 辛口

「金鵄盃酒造」は創業文政7年(1824年)。新潟県五泉市村松にある酒蔵です。 金鵄盃の由来は1942年にこの地に置かれていた陸軍歩兵第三十連隊の土橋大佐が「金鵄盃」の名を授けたと言われています。金鵄とは日本書紀の神武天皇による日本建国を導いたとする金色の鵄(とび)で、縁起物とされています。

水は霊峰白山の伏流水「天狗の清水」を使用、米は地元村松の「五百万石」や、蔵人自身が育てた「越淡麗」など上質なものにこだわり使用しています。

「越後杜氏 辛口」は越後杜氏が手塩にかけた「心意気の辛口」。 キリッと引きしまった味わいで すっきりした喉ごしと、飲み飽きしないうまさは、和風の家庭料理や魚介料理との相性抜群です。

 

 

 

如何だったでしょうか?

燗して旨い日本酒その51:金鵄盃酒造 越後杜氏 辛口。

これからの季節、お燗した日本酒で温まりながら旨味を満喫しましょう。

 

 

 

 

広告

スポンサーリンク

 

 

 

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村


グルメ(お取り寄せ)ランキング