広告

スポンサーリンク


夏の暑さも一段落して、秋へと移りつつありますが、秋と言えば日本酒の「ひやおろし」の季節です。

そんな、日本酒の秋の味覚「ひやおろし」のご紹介です。

 

 

 

 

 

 

 

・「ひやおろし」とは?

・四季の日本酒

SAKETIMESより引用)

 

「ひやおろし」とは、江戸の昔、冬にしぼられた新酒が劣化しないよう春先に火入れ(加熱殺菌)した上で大桶に貯蔵し、ひと夏を超して外気と貯蔵庫の中の温度が同じくらいになった頃、2度目の加熱殺菌をしない「冷や」のまま、大桶から樽に「卸(おろ)して」出荷したことからこう呼ばれ、秋の酒として珍重されてきました。

 

 

 

 

現在の「ひやおろし」も、春先に一度だけ加熱殺菌し、秋まで熟成させて、出荷前の2度目の火入れをせずに出荷されます。

SAKETIMESより引用)

 

暑い夏の間をひんやりとした蔵で眠ってすごして熟成を深め、秋の到来とともに目覚める「ひやおろし」。豊穣の秋にふさわしい、穏やかで落ち着いた香り、なめらかな口あたり、まろやかな適熟の味わいが魅力のお酒です。

 

 

 

 

・全国の「ひやおろし」

北は北海道、南は九州まで、様々な「ひやおろし」が有ります。
その土地ならではの味を持つ日本酒の「ひやおろし」をご紹介します。

 

 

 

 

・高知の「ひやおろし」

・司牡丹 船中八策 ひやおろし

「司牡丹酒造」は創業慶長8年(1603年)。高知県高岡郡佐川町にある酒蔵です。

酒銘の「司牡丹」は佐川出身の維新の志士、明治新政府の宮内大臣も務めた田中光顕伯爵が 、この佐川の酒を愛飲し、「天下の芳醇なり、今後は酒の王たるべし」と激励の一筆を寄せ「司牡丹」と命名しました。

「司牡丹 船中八策 ひやおろし」は「司牡丹」を代表する大人気銘柄「船中八策」の秋期限定「ひやおろし」バージョンです。 どっしりとした存在感のある超辛口の純米原酒は、毎年大人気で、発売と同時に即完売となっているほどです。

華のある香りを持ち、旨味たっぷりのリッチな味わいが口中で膨らんでゆきます。

 

 

 

 

いかがだったでしょうか?

秋の日本酒「ひやおろし」:その26.司牡丹 船中八策 ひやおろし

これからの季節、「ひやおろし」が美味しい季節です。
「ひやおろし」で、秋の味覚を存分に楽しみましょう!

 

 

 

 

広告

スポンサーリンク

 

 

 

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村


グルメ(お取り寄せ)ランキング